TOPへ

ニキズキッチン 外国人の自宅で習う料理教室Niki's Kitchen 英語料理教室

先生が本に載りました。

Dancyu/山崎製パンさんの広告に掲載されました

アゼルバイジャン料理教室 スーラ

クラス言語: 日本語
開催エリア: 駒沢大学駅前
開催期間: 2013.11〜

旧ソ連・ヨーロッパ部分の最南端に位置する、コーカサス地方「アゼルバイジャン」。 アゼルバイジャンは、コーカサス(カフカス)地方に属しアゼルバイジャン、グルジア、アルメニアの3つがコーカサス3国と言われてい ます。中央アジアとコーカサスで似ている料理もありますし レストランなどではハーブをテーブルの中央に山盛りに 盛りつけるという共通点もありますが 地域的には異なるカテゴリーに属します。
アゼルバイジャン出身のスーラです。内科医として働き、外交官である夫の赴任に伴い日本にやってきました。 わたしは西南方にある飛地のナヒチェヴァン自治共和国で生まれました。 その後、アゼルバイジャンの首都バクーで暮らしました。 バクーはコーカサス最大の都市かつ古来からシルクロードの要衝で、いまでも城壁都市の面影がのこっています。 またイスラム圏であってもイスラムのファッションで身を固めた人は少なく、服装はロシアのように自由です。 またアゼルパイジャンは、降水量も少なく、砂漠のような気候です。 旧市街は干しレンガ造りの建物や入り組んだ小路といった伝統的な街並みが残されています。 さまざまな土地の文化が交差している国の為お祭りも多彩で イランと同じ「ノヴルーズ」、アラブの「犠牲祭」、そしてなんと「ワインフェスティバル」も開催されます。 お料理はとても古いものが多いです。是非私の国と私の国の料理を知ってください

  • アゼルバイジャン
  • 地域:
  • 言語:
  • 郷土料理: アザリマトバック、胡桃のジャム(漬物)、ペルメニ、ドルガ

胡桃のジャム(漬物)

胡桃の若い時にとって漬物を作ります

アゼルバイジャンのティースタイル

紅茶は,洋ナシに似た小型のグラスに入れ出されます。ピスタチオ,アーモンド,干しぶどうが一緒に出されることもあります

小さな前菜

小さな前菜です。とっても小さなトマトや黒いものはオリーブではなく胡桃のピクルス。 左上や下の真ん中はチーズです

食卓風景

野菜とフルーツのお料理がいっぱいのアゼルバイジャンの食卓。ゼルバイジャンのカヌルヤック。 トルコにも同じ名前の肉入りのお料理がありますがアゼルバイジャンは全部お野菜。

得意料理

柔らかい牛ももの中にひき肉を詰めたお料理 

トルコのドネルケバブは昔このお料理から生まれました とても古いお料理です

チキンの詰め物

チキンの中もアゼルバイジャンらしい詰め物がしてあります

ペリメニ

アゼルのペリメニは小指の爪ほどの大きさ。小さいほど価値が上がります

クラスの履歴

もっと見る >>

クラスの様子

もっと見る >>