TOPへ

ニキズキッチン 外国人の自宅で習う料理教室Niki's Kitchen 英語料理教室

メキシコ料理教室 ガブリエラ

クラス言語: 日本語
開催エリア: 東西線妙典駅(千葉県市川市)
開催期間: 2014.2〜

はじめましてガブリエラです。メキシコシティ出身で現在は日本の千葉県市川市に住んでます。 メキシコでは大学院で工学と日本語を勉強してまいりました。 趣味は美術です。日本では珍しいかもしれませんが 砂糖きびを材料とした版画や金箔加工、そしてメキシコの宝飾芸術を専門に製作しています。 日本でも製作した宝飾品や絵画を展示会に出品しています。
さてメキシコの伝統料理はいろいろな国の料理方法が混ざり合って生まれました。 又いろんな時代にも及ぶのでひとつとして同じタイプのお料理や味はありません。 それをどのように準備して食べるかも重要な要素です. この混ざり合ってできたお料理は当時の征服者たちがメキシコのベラクルス港から持ち込んだ スペインン料理と征服以前のアステカの食材が混ざり合う事でメキシコの独特の料理法 がうまれました。いまでは世界でも有名な料理として知ら得るようになり2010年文化遺産に登録されました。 私のクラスではメキシコの伝統的な行事と共にそこで食べるお料理をご紹介したいと思います。 どうぞみなさんよろしくおねがいいたします。

  • メキシコ
  • 地域:
  • 言語: スペイン語
  • 郷土料理: モーレ、ソパデアステカ、ポソレ

メキシコの砂糖で出来た頭蓋骨の菓子

死者の日という西洋でいうハロウィンの時に食べる骸骨のお菓子

「ディア・デ・ムエルトス(万聖節)」の特別な砂糖のかかった甘いパンです。

メキシコやコロンビアの中南米一帯で食べる習慣

タマレス

メキシコには500種類のタマレスがあります。 とうもろこしの葉っぱに包んだちまきで、とうもろこしの粉とラードを何十分も混ぜたり、タマレス用の具をあちこちから集めたり 2時間蒸したりします。

手作りのチポトレ

ハラペーニョを干して乾燥させ、さらに燻煙したものを「チポトレ」と呼びます。 燻製のインパクトのある食欲をそそる香りが特徴です。

得意料理

メキシコの細切牛肉入り冷サラダ「サルピコン」

新鮮な生野菜を使ったメキシコの牛肉サラダ、サルピコン。アボカドやハラペーニョやスパイス、 新鮮な野菜と一緒に和えるとっても美味しくてテイスティな一品です。

アステカの神様の豆のスープ

これはアステカ時代に神々への貢物として与えられていた簡単で栄養価の高い料理です。

メキシコのスモーキーな唐辛子のソースをかけた鶏肉団子

大人にはマテの香料を使います。 生の唐辛子を長期保存するために、唐辛子を乾燥して保存する方法を大昔の人は 考えました。ハラペーニョを干して乾燥させ、さらに燻煙したものを「チポトレ」と呼びます。 燻製のインパクトのある食欲をそそる香りが特徴です。