TOPへ

ニキズキッチン 外国人の自宅で習う料理教室Niki's Kitchen 英語料理教室

ドイツ料理教室アントニア

クラス言語: 日本語 ドイツ語
開催エリア: 二子玉川
開催期間:

みなさんはじめまして 二子玉に住んでいるアントニアです。日本語でのクラスです。 ハンブルグのそばユーテルゼンで生まれ育ちました。 日本にはじめてきたのは高校生の時。交換留学生として名古屋にきました。 そのあと日本の明治大学でマーケティングの勉強をしていまにいたります。 結婚する前は、シェアハウスに住んでいて、そこに住む様々な国の人達にお料理を教えていました。 そのときに付いたあだ名が「粉神」です。粉モノが得意でクリスマスクッキーをつくると 噂を聞きつけて人が集まってくるほど。 そんな私のお料理のポリシーは簡単に素早くつくることです。そのため短時間でできるものが多く、 みなさんにも家で楽しんで復習していただけるとおもいます。 どうぞよろしくお願いいたします。

外が暖かくなるとドイツ人は家から出るのが好きになります。庭にもバルコニーにも。外で朝コーヒーで一日をスタートをして、 ワインでお仕事の後で一日を終わらせます。外にあるスペースは関係なく、とても狭いバルコニーでもBBQをします。ドイツ人は本当に自然に時間を過ごすこととフレッシュな空気の匂いと 太陽の暖かさを大好きです。ドイツ人は外で特に友達と家族と一緒に食べた物は何よりも美味しくて、楽しいことだと思っています。 ガーデンパーティーの為に普通に色々なサラダやフレッシュなパンやディップや軽い焼肉やカットフルーツとフレッシュなデザートなどで軽いバッフェイを用意します。 ドイツ人は色々を味見出来るからバッフェイはとても好きです。

  • ドイツ
  • 地域:
  • 言語: ドイツ語
  • 郷土料理: シュバイネハクセ マウルタッシェ

南ドイツ、南ヨーロッパスタイルのポテトサラダ

ドイツではポテトサラダを作る前にいろいろと調整をしないといけないです。クリーミーなマヨネーズのドレッシングか軽くて、フレッシュなビネグレット。 このレシピはお母さんのポテトサラダを思い出しながら自分で作った物で、特に暑い日に美味しいです。保存の方法も教えます

炊飯器で作るローズマリー・フォカチャ

ドイツにももちろん炊飯器があります。・・・ということで「粉神」特製のフォッカチアを炊飯器でつくってみましょう。毎朝がきっと楽しくなるはず。 ところでフォカチャといえば色々な材料、例えばドライトマトとかオリーブとかクルミ、様々な種類がある伝統的な北イタリアのパンです。 最近ドイツでとても人気になりました。ピクニックの時にもサラダと一緒にも食べても美味しいからです。 特に若い人は家でこのパンを色々な種類でつくるんですよ。

北ドイツの伝統的なリンゴパンケーキ―

このパンケーキ―のとても古い、伝統的な北ドイツのお祖母さんからおしえてもらったレシピです。デザートとしても、例えば小さいサラダやスープでメインディッシュとしても食べられます。 伝統的にはバニラは使わず、シナモンシュガーをつかいます。バニラアイスクリームを添えるとモダンな夏バージョンになります。

ドイツスタイル

私のお料理のポリシーは簡単に素早くつくることです。そのため短時間でできるものが多く、 みなさんにも家で楽しんで復習していただけるとおもいます

得意料理

ドイツのキュウリ・ヨーグルトディップ<

お母さんはこのディップを毎年の夏作りました。このとてもフレッシュなディップは野菜スティックだけではなく、 スパイシーな焼肉にもバゲットにも合っています。もともとギリシャからの移住者がドイツへ持って来たお料理です。

北ドイツのキュウリ・トマト・シチュー

なんでいつもキュウリを生で食べますか?煮るのはやってみた事がもうありますか??

炊飯器で作るローズマリー・フォカチャ