TOPへ

ニキズキッチン 外国人の自宅で習う料理教室Niki's Kitchen 英語料理教室

カリフォルニア キュイジーヌ料理教室ロバート

クラス言語: 英語
開催エリア: 小田急線千歳船橋駅
開催期間: 2008.7〜

ロバート
カルフォルニアキュイジーヌの先生です。そもそもカルフォルニアキュイジーヌとは、伝統的なフレンチやイタリアンをベースに、カリフォルニアの新鮮な魚介類や野菜、世界各国の調味料を組み合わせてアレンジしたものが始まりです。


カリフォルニアのサンフランシスコ出身。


California Culinary Academyを卒業後、20年以上にわたりレストラン業界に携わってきました。私の作る料理は“アジアと融合したカリフォルニア料理”と呼ばれ、数々の新聞に取り上げられてきました。アジア人が多数の人口を占めるサンフランシスコならではの料理と言えます。
●経歴
料理長:※MoMos (San Francisco)
※Lark Creek (San Mateo)
※Golden Gate Park Brewery (San Francisco)
※Perrys on Union (San Francisco)
●レストランOPENING指揮 兼料理長:
※Scotts Seafood Restaurant(Hawaii)
※副料理長:Smith Ranch Homes (San Rafael)
日本に来て13年になります。現在は家族との時間を大切にするために、専業主夫をしています。その合間に是非、皆さんにカルフォルニアの家庭で出来るレストランの味をご紹介したいとおもいます。
ひとつお料理についてのエピソードをお話します。
カルフォルニアにはシェパニーズという女性シェフが取り仕切る有名なレストランがあります。そこに初めてはいったとき、メニューブックを眺め”メニューが単調でつまらなそうだ”と思いました。けれど食べて驚きました。
シンプルで美味しく、素材を生かされていたからです。わたしも自分が何を食べているのかが、はっきりわかるお料理が好きです。是非一緒に楽しみましょう。

  • アメリカ
  • 地域:
  • 言語: 英語
  • 郷土料理: レストランの味、カルフォルニアキュイジーヌを教えます。

サンフランシスコのレストラン モモズ

ニンニクマッシュポテトや、木のグリルで焼くポークチョップなどのニューアメリカンのお料理の他に、パクチョイスローとワサビのスロウを寄せたマグロのグリルが名物です。

ロバートさんのキッチン

一般的な日本のキッチンでできるカルフォルニア料理を教えてくれます

ハーブ類

ロバートはワサビやユズと同様に庭で育てるイタリアンパセリやタイム、バジルなどのハーブを愛します。

フォアグラ

これはフォアグラです。調理法をマスターすれば家でも簡単にできますよ。ただしこれは高級素材なので特別なクラスの時に。

得意料理

フォアグラのソテー

フォアグラのソテーには柚子の煮詰めたものやハーブをあわせて焼いたフレンチト−ストが添えられます

ワイン

アメリカのワイン。ワインの話は大好きでこれはお会いした時にでも。

フレンチトースト

たくさんのハーブをあわせて作る特製フレンチトーストです。朝食に良く作ります

クラスの履歴

もっと見る >>

クラスの様子

もっと見る >>

エッセイ

クラスの動画