TOPへ

ニキズキッチン 外国人の自宅で習う料理教室Niki's Kitchen 英語料理教室

南インド料理教室ムット

クラス言語: 日本語
開催エリア: 新宿駅西口
開催期間: 2009.10〜

人柄と柔らかい味にひかれ、多くの女性ファンを持つムットさん。お店を訪れていたお客さんの一人がこうお話してくれました。「最近食事がのどを通らなくて。だからムットさんの食事を食べにきたの」
従来の力強いインド料理とは違う、香りの良さと優しい味が持ち味です。


ムットさんのお店は大久保から徒歩5分。どこかの家庭にお邪魔したような個性ある店内で優しい南インド料理を習いませんか?


「南インド、チェンナイの側で生まれ育ちました。18歳の時から20年間南インドでシェフをしていました。南インドのホテルプレジデントのメインシェフとして16年間働きました。その語、南インドにいいシェフがいるということで日本から私に声がかかり東京にやってまいりました。
2003年西新宿に「ムット」(本店)をオープンし、昨年ここ大久保に南インド料理専門店として「ムット2号店」をオープンしました。この2号店でオーナーシェフをしています。


南インドのレストランのお料理を皆さんに伝授できたらと思います。私のお料理のコンセプトは「体に良い南インド料理」。優しい味で、油は少なめ、消化に良く胃腸に弱い方にも食べていただけるとおもいます。


インドというとヒンズゥ教のイメージが強いと思いますが、私はクリスチャンです。食事の制限がないため、牛、豚、鶏となんでも調理できるのが私の強みです。」

  • インド
  • 地域:
  • 言語: タミル語
  • 郷土料理: サンバル、レモンライス、ココナッツチャトニ等

ムットさんの愛娘レジーナさん

カウンター越しにほほ笑むのはムットさんの娘のレジーナさん。 3年前にインドからやって来ました。日本語もかなり上手になって、お父さんをしっかり支えています。

カトリック

ムットさんはインドのカトリック教徒。人々に愛を。食事は制限なしになんでも使えるため、珍しい牛のお料理もつくります。

ムットさんの食事

従来のイメージで言うとレモンライスは保存食のため塩分の多めでインパクトのある味が特徴ですが、ムットさんのレモンライスはまた別物。インドのホテルの味を楽しむことができます。

ムット2号店

インドレストランの中では個性的。家庭にお邪魔したような優しい雰囲気の店内です。ムットには本店と2号店がありますが、ムットさんのいるのは2号店になります。インド料理店「ムット」の詳しい情報はこちら↓
http://muthu.web.fc2.com/

得意料理

ポンガル

南インドのリゾットです。1年で最初に収穫されたお米を食べて祝うお祭りに食べるお料理で、ポンガルには甘い粥と甘くないお粥がありますが、こちらは後者。黒コショウとショウガをベースに作られています

ウタポン

南インドのお好み焼きウタポン。小麦粉ではなく豆とお米を細かく粉にした物で生地で作られます。

フライダヒ

日本の南インドレストランではなかなかお目にかかれないお料理です。自家製ヨーグルトにスパイスやトウガラシの香りを移しご飯にかけて食べます

クラスの履歴

もっと見る >>

クラスの様子

もっと見る >>

エッセイ